他社で依頼して浮気調査がバレてしまった調査依頼

ご相談内容&依頼に至るまでの経緯

【ご相談者】夫(39歳)会社員 久留米市在住

【対 象 者】妻(36歳)会社員 久留米市在住

妻の浮気を友人から知らされました。
私は、今まで妻の浮気などまったく考えた事はありません。
聞かされた今までも信じられません。

悩んだ末に、ネットで調べて大手と言われる〇〇探偵会社に調査を依頼しました。
50時間の浮気調査で、150万円支払いました。
今思えば調査費用が異常に高いのですが、当時の私は妻の浮気で気が動転していたのでしょう! 何の疑問を持ちませでした。

そして、先日 妻から「私を調査しているでしょう⁈」といきなり言われました。
当然、私も「何の事!?」としらを切りとおしましたが、どうも依頼した探偵会社の尾行がバレバレだったみたいです。

調査がバレている事を、探偵会社に伝えて、残りの調査30時間分の返金を申し出たのですが「私達はプロで、バレるような調査はしません」と言い張り、最後は語気荒く、罵詈雑言を浴びせられて、怖い思いをしました。

弁護士に「浮気相手から慰謝料をとるよりも、法的制裁を与えたい」と相談したら、やはり証拠が必要と言われました。

で、今回の探偵会社とのやりとりを話したら、信頼できる探偵会社ですと「日本興信所」を紹介されました。

話を聞いた当社は、先に依頼した探偵がどんな尾行・調査をしたかが分からないので、結果が出せるか分かりませんが、それで良ければ依頼を受けます。と、前置きして調査依頼を受けました。

調査結果

調査を実施してみると、やはり警戒心が異常に強く、絶えず振り向いたり、立ち止まったり、後戻りしたりと、尾行どころではありませんでした。

そこで、依頼者情報で妻が訪れている浮気相手のアパートを監視する事になりました。
浮気相手のアパートは、〇〇探偵会社も張り込んだようですが、同社探偵が現場の住人から不審者扱いされていたようで、当社も通常の張り込みはできませんでした。

張り込みは、現場付近に車で監視できるような場所がなく、現場付近の路地に立って監視する事になりますが、住宅街の中で調査員が立って身をさらしての調査は、ただでも不審者扱いされるのに、すでに〇〇探偵社が近隣住民とトラブルでも起こしたのか分かりませんが、非常に厳しい状況でした。

調査費用

2回または15時間以内の調査
費用 240000円(税別)

依頼者様から

調査状況を依頼者に報告すると共に、調査はしばらくしない方が良い事をアドバイスすると共に、「なんとか結果を出したかったのですが・・・」「現場が荒されてなければ結果は出せたのですが、歯がゆい思いです」「どうも〇〇探偵社の探偵が何度も近隣住人から声をかけられていたようなので、近隣の人にもかなり警戒されてますね」と伝えました。

依頼者からは、週に数回 男性宅を訪れていた妻の行動パターンが明らかに変わり、〇〇探偵社に依頼した調査がバレてからは、飲み会も減り、帰宅時間も早くなりました。との事。

依頼者からは、「大変感謝しております」「私が最初の探偵選びを間違えたのが悪かったです」「〇〇探偵社ではなく、最初から日本興信所にお願いしておけば、・・・と歯がゆい思いです」「でもこれ以上は厳しいと正直に言っていただき決心つきました!」
「私も、これ以上気づいてないフリして生活を続けるのは正直きついです」「今ある証拠で離婚の話を進める方向で、明日にでも弁護士に相談してみます」と、複雑な思いを述べられました。


『暮らしQ&A』でも記事を掲載していますが、依頼者が浮気の証拠を採る為には、より良い探偵社選びが一番の条件となります。

格安探偵や大手と思われる探偵などで選択しないようにしてください!
少なくと「福岡県探偵調査業協会」「一般社団法人日本調査業協会」に入会している会員の中から選択されることをお勧めします。

依頼者様へのアドバイス

福岡県探偵調査業協会

一般社団法人日本調査業協会

暮らしQ&A

福岡県探偵調査業協会

一般社団法人日本調査業協会

暮らしQ&A