尾行調査にも新型コロナウイルスの影響が・・・!

世界中に広がる新型コロナウイルス。

新型コロナウイルスの影響が国内に広がる中、ライブハウスや集客施設・飲食店などで濃厚接触を防ぐ為、いろいろと知恵を絞っている様子がテレビで紹介されています。

 

市民は、感染予防の為にマスクを着用する方が多く、マスク不足が危惧されている中、新型コロナウイルスの影響は、探偵業にもおよび調査の問い合わせが減っています。

 

しかしながら浮気する方には、新型コロナウイルスの影響はないようで、違う意味の濃厚接触を繰り返している様です。

 

浮気調査は、基本的に対象者の尾行調査となります。

 

対象者が車輛で行動する場合は、対象者が車に乗り込む時に姿を確認でしますが、徒歩尾行の場合は厄介です。

 

何故かと言えば、新型コロナウイルスの影響が災いしているのです。

対象者が、戸建て住宅から出て来る場合の尾行はまだ良いのですが、対象者が勤務先やマンションなどから出てくる場合の尾行調査が厄介なのです。

 

『マスク』です。

対象者がマスクをして出て来るのです。

 

そうなると対象者であるのかないのかが、確認できないのです。

ほぼ顔の半分をマスクで隠している為、本人確認ができないのです。

 

調査員は「本人に似てる!?」「 似ていない!?」と悩みの種となるのです。

 

先日の調査で、・・・続きは「暮らしのトラブルQ&A 」で