女性特有の「勘(カン)」で「浮気」発覚!

何か物事を判断する時に「第六感が働いた」、俗にいう「勘(カン)が働く人」「勘がいい人」とか言うのを良く耳にします。

 

普段の日常生活に於いては、特に「勘(カン)」が働く事は無いのですが、ふとした出来事や言動に「うん!?」「 なんか変!?」「ピン!ときた」など、特に理由はない中で直感的に物事を判断する「勘がいい人」がいます。

 

 

「第六感」が働く人は女性に多いようで、女性特有の「勘(カン)」、夫の何気ない言動に対して女性特有の「勘(カン)」が働き、「もしかして・・・浮気してる!?」と感じる「妻の勘(カン)」は、高い確率で当たっているようです。

 

 

そして、その妻が感じた「勘(カン)」を基に、探偵会社に相談・依頼をして「浮気」が発覚するケースが良くあります。

 

ところが、せっかく妻が感じた「勘(カン)」をそのままにしたり、調査する事への罪悪感などから調査の相談や依頼の決断を出来ずに、せっかくのチャンスを逃される方も少なくないです。

 

 

調査する事への罪悪感など悩む前に、実際に「浮気」しているのか!?」「浮気していないのか!?」まずは、浮気の事実確認が最優先です。

 

 

「何か変だ!」「どうも様子がおかしい・・・」と思わせるものは、もっとも身近な存在の妻だからこそ感じ得る違和感であり、それは正に「浮気の兆候」なのです。

 

 

せっかく感じ取れた「勘(カン)」「浮気の兆候」なのに、・・・

・・・続きは「暮らしQ&A」で。