やよいの風公園へ 15000歩!!―調査の体力作り

調査の体力作りを兼ねて、早良区金武にある歴史公園「やよいの風公園」で催された菜の花イベントに参加。

室見川河川敷を、約一時間かけて歩いて行きました。

河川では、シロツメグサの絨毯やサギ、鴨などがのんびりと川面で初夏の日差しを浴びています。

 

 

足腰に疲労感を感じた頃に、やよいの風公園に着くと、イベントで焼きそばや、みたらし餅、地元の農産物が販売されていました。

お腹も空いて持参のオニギリだけではなく、焼きそばや甘夏を購入。

因みに、焼きそば 200円、甘夏みかん3個.300円と超!格安なうえ、美味しかったです。

 

イベントでは、学芸員による遺跡説明ツアーがあり、興味深く聞きながら古代の人々の生活に思いを馳せることが出来ました。

やよいの風にある遺跡は、平成5年に早良区吉武で発見された国史跡吉武高木遺跡で、平成17年に歴史公園として整備されました。

 

高木遺跡は、弥生時代で早良国の大規模遺跡で、多くの青銅器が発見されると同時に、銅鏡や勾玉などが発見されたことより、日本「最古の王墓」として注目されています。

 

本日の歩数 約15000歩でした。

 

 

 

やよいの風公園

福岡市早良区吉武

西部運動公園より南へ約600m