間違いだらけの探偵社選び

間違いだらけの探偵社選び-1

浮気!?・・・妻のカンは、ほぼ当たっている事が多いです。
そこで浮気の証拠を採る為に、探偵に依頼する事になるわけですが、依頼者の業者を選ぶ基準が間違っている事が多く、失敗しない為の業者選びの基準をアドバイスさせてもらいます。

広告に騙されない

「全国ネット」「芸能人を広告塔にした広告」は、避けた方が懸命です。
探偵業は、依頼者からの問い合わせによる「待ちの営業」しかできない業種ですから、全国に直轄の支社を置く事は、経営上無理があります。
ですから、支社とは名ばかりで、あなたの大切な依頼案件・調査費用は、安い価格で下請け業者にまわされ、調査技術のないかけだしの探偵やアルバイトに任される事となります。

また、芸能人を広告塔に使用すれば高い使用料が負担となり、それが高い調査費用となります。また全国津々浦々に広告を掲載したり、ホームページ内で多種多様なキーワードでトップページを維持し、ホームページ広告を多く出している会社も同様です。

良い探偵会社は、維持費を抑えて、小さな事務所で、少人数のスタッフで、探偵業法を遵守している会社。
安請け合いをせず、調査の失敗もある事を堂々と話してくれる会社を、お勧めします。

間違いだらけの探偵社選び-2

前回は、探偵会社の「広告」に惑わされないアドバイスをしましたが、今回はネット(ホームページ)上での留意点を、アドバイスさせて戴きます。

①会社概要の記載有無

まず、ホームページ内の項目「会社概要」をクリックしてください。
会社所在地、探偵業届出番号表示などが記載されている事は当然ですが、代表者氏名や経歴が一切記載されていない会社は、避けなくてはなりません。

代表者氏名や経歴を記載しないのは、何らかの不都合があったり、依頼された調査がトラブルになる事が多く、その時の為に代表者氏名や経歴を載せないケースがあるからです。

②料金表示が記載されているか

ホームページ内の項目「浮気調査」や他の項目をクリックしても、格安料金とか適正料金などの記載はあっても、調査費用の目安となる料金が何も記載されていないホームページを良く見かけます。

このような会社は避けなくてはなりません。

「調査は人それぞれなので面談時に、お話しを聞いてから・・」など言って、面談を促し、面談すれば相談者の不安をあおって、高い調査料金で契約の印を押させる。解約すれば、高い違約金を請求する。と、言った苦情を良く耳にするからです。
また、調査費用の目安となる料金を表記しないのは、相談者の懐具合を見て料金を決めるからです。

良い探偵会社は、維持費を抑えて、小さな事務所で、少人数のスタッフで、探偵業法を遵守している会社。安請け合いをせず、調査の失敗もある事を堂々と話してくれる会社を、お勧めします。

間違いだらけの探偵社選び-3

「全国ネット」と謳い、あたかも全国に支社があるような広告や芸能人を広告塔にしたり、インターネット上や街のあちらこちらに看板が掲示されているような会社は、避けた方が懸命かもしれません。

探偵業は、依頼者からの相談問い合わせが主な営業窓口であり、日々電話が鳴るのを待っている状態です。その問い合わせ電話が多く掛かるようにするには、多種多様な広告を出さなければなりません。そうなれば、自ずと広告宣伝費が膨大なものとなり、その広告宣伝費は調査費用にしわ寄せがきます。

調査費用の平均は、調査の難易度や調査内容・調査員の人数で費用は異なりますが、1回5時間以内の調査で10万円前後が妥当な料金です。しかし広告宣伝に膨大な費用を掛ける会社の料金は、同じ調査なのに約3倍(30万前後)以上の料金設定をしている会社が多いようです。
また、全国に支社があるかのように広告表記している会社がありますが、全国に直轄の支社を置く事は、経営上無理があります。仮に直轄の支社があっても支社とは名ばかりで、営業のスタッフがいるだけであったりする事があるようです。

あなたの大切な依頼案件・調査費用は、安い価格であなたの知らない下請け業者にまわされたり、調査技術のないかけだしの探偵やアルバイトに任される事となります。

良い探偵会社は、維持費を抑えて、小さな事務所で、少人数のスタッフで、探偵業法を遵守している会社。
安請け合いをせず、調査の失敗もある事を堂々と話してくれる会社を、お勧めします。

間違いだらけの探偵社選び-4

「間違いだらけの探偵社選び 1-2-3」で記した事を踏まえ、最後に調査員の人数についてお話します。

先にも記したように、探偵という仕事は、真面目に仕事(調査)をすればするほど利益の上がらない業界です。

1ヶ月の内に、ご相談者からの調査相談・依頼がなければ、その月の売り上げは「0円」となり、そのような月も長年探偵業を営んでいれば良くある事です。もちろん良い月もありますが、収支平均すれば、事務所を抱え、維持・広告宣伝・調査費等の経費を支払い、調査員2~3名もしくは1名体制で、やっと維持できるのが現状です。

では、「広告宣伝に費用を掛ければ良いのでは?」と思われるでしょうが、そうすれば、広告宣伝等の掛けた費用を回収するのに、調査費用を通常より高くするしかありませんし、利益優先の営業形態をとらなければなりません。

一般的に、真面目に探偵業を営んでいる会社の調査に掛かる費用の平均は、1日5時間以内であれば、8から11万円位が妥当な料金です。が、調査依頼が月30日毎日あるわけではありません。
1ヶ月の内に数件の調査依頼がある中で、探偵会社を維持していかなければならないのが現状です。
よって、真面目に調査を営む会社の調査スタッフの平均は、2名前後となります。

ご相談者の多くは、探偵に調査を依頼する事自体が始めての方ばかりです。探偵に悪いイメージがある中、探偵会社を選ぶのは不安ばかりが募る事と思います。

「間違いだらけの探偵社選び」で記した事を踏まえ、本当に信頼できる会社を探してください。

探偵・興信業者への苦情相談者の年齢構成

(探偵・興信業者への苦情相談者の年齢構成 - 福岡県消費者センター資料)

19歳以下 2.2%
20歳代 14.3%
30歳代 19.8%
40歳代 25.3%
60歳代 13.2%
70歳代 6.6%
年齢不明 8.7%

*契約金額平均 588,000円

相談件数も平成21年を基点に、昨年は約3倍の相談件数となっています。

調査依頼をご検討される方は、くれぐれも悪徳探偵会社に引っ掛からないようにご注意ください。

被害救済詐欺に遭わないために!

詐欺被害者救済を騙った探偵業者による二次被害に対する相談や問い合わせが一般消費者のみならず、消費者センター等からも数多く寄せられています。

そこで、社団法人である日本調査業協会主催で「被害救済詐欺」を防ぐ為の消費者セミナーを開催することとなりました。

警察庁および警視庁の担当者はじめ消費者団体のご協力を得、実態解明すると共に、心理学者や弁護士の講義を通じ詐欺被害に遭わないための対応策を共に勉強させて戴きます。

是非、皆様お誘い合わせの上、ご参加頂けます様、ご案内申し上げます。

-アドバイス内一部、日本司法支援センター 法テラス 冊子から引用-