初めての方へ(ご相談・ご依頼の前に)

探偵・調査会社の選び方、契約時のご注意事項、その他、予め知っておいた方が良い事をご紹介致します。

これまで調査会社へご相談や、ご依頼等をなさった事が無い方、当社ホームページを初めてご覧になられた方は、是非ご一読下さい。

各県警生活安全総務課探偵業ご担当者様や各県消費者センター、弁護士等を講師とした研修会を開催し、消費者保護の為に活動を行って来た「一般社団法人 日本調査業協会」で、長年理事や会長職を勤めて来た当社だからこそ作成する事が出来る「探偵社チェック!」を、探偵社選びの参考にして戴くのが、もっとも安心して依頼できるものと思います。

探偵社チェック!!

探偵社 選びで、間違わない為の注意すべきチェック内容

会社概要

  • (項目1)
  • (項目2)
  • (項目3)
  • (項目4)
  • (項目5)
  • (項目6)

探偵調査会社は「特定商取引法」の対象業種となっている事から、ホームページ内にある会社概要に、「代表者氏名、詳細な住所、電話番号」が記載されていない探偵調査会社は、同法律の第11条:広告の表示義務に定められている事項に違反している為、調査依頼は問題外です。また社歴を載せない探偵社や、本社が福岡県以外の探偵社、支社が全国にある探偵社は、トラブルになるケースが多々ありますので注意してください。

特定商取引法(法律の第11条:広告の表示義務に定められている事項)>>

会社案内および調査相談

  • (項目7)
  • (項目8)
  • (項目9)
  • (項目10)
  • (項目11)
  • (項目12)
  • (項目13)

目安になる調査料金を言わずに面談を強調する探偵社、また他社より格段に高額もしくは安価な調査費用を提示する探偵社は、面談時に不安をあおって契約させたり、調査中や終了後に高額な追加費用を請求するケースが多々あります。
理由をつけて面談場所を会社以外の場所にする探偵社や、調査力を誇示し失敗例を言わない探偵社は論外です。
会社の規模や調査員の人数を誇示する探偵社は利益優先です。信頼できる探偵社ほど利益優先ではない為、規模は小さいのです。また、完全成功報酬などで探偵社を選んで後悔される依頼者が多々おられます。

契約(探偵業法に準じた契約)

  • (項目14)
  • (項目15)
  • (項目16)
  • (項目17)
  • (項目18)
  • (項目19)
  • (項目20)
  • (項目21)
  • (項目22)
  • (項目23)

上記の項目は「探偵業法」で定められているものです。
契約時に上記の項目がきちんとなされているかが、信頼できる探偵社選びの一つです。

協会

  • (項目24)
  • (項目25)
  • (項目26)

上記協会は、唯一 警察庁が所管していた協会です。この協会に入会していない探偵社は避けた方が賢明です。また、協会に入会している探偵社が全て信頼できるとは限りませんが、もしトラブルになった時も協会が対応してくれるので安心です。

信頼度数

あなたが相談されようとする探偵社は、この探偵チェック項目で何個チエックできましたか?

  • 26項目すべてにチェックできた探偵社は、安心して調査を依頼してください。
  • 20項目以上にチェックできた探偵社の信頼度数は80%。
  • 20項目以下の探偵社は、あなたの「運」次第となるかもしれません。
  • 15項目以下の探偵社は、問題外です。

もちろん、該当項目数が多いほど、信頼できる探偵社である可能性があります。
探偵社選びで間違わない為に、一度、当探偵事務所「日本興信所」にも、ご相談してみて下さい。

探偵・調査会社へご相談やご依頼される初めての方へ

どこの 調査会社が信頼できるのか?

テレビや冷蔵庫のような電化製品であれば、テレビCMが世に溢れており、商品の価格が明確であり、周囲の知人に聞いても、どこの製品が良いか教えてくれます。
しかし、こと探偵会社となると、周囲からは信憑性の無い悪い噂話ばかりが聞かれます。また、実際に調査依頼をした事がある知人・友人等がいたとしても、夫の浮気などの調査をした事があるなど、周囲に言える訳がありません。ですから、どの探偵会社が良かったなどの話しが、聞かれる事は殆どありません。

どの様にして信頼できる探偵・調査会社を探せば良いか!

多くの方が、探偵に調査・相談する事が初めてであり、浮気や素行の調査や、結婚相手の身元・身辺調査、大切な家族・友人等の所在を捜す調査などを依頼する時に、探偵会社を捜す手段として、インターネット上のホームページを利用されています。他にもタウンページ広告・タウン誌・チラシ等の広告を見てからの相談もあるようです。

インターネット上のホームページで判断する時は、検索窓に関連あるキーワード「探偵 福岡」「興信所 福岡」「浮気調査 福岡」「結婚調査 福岡」など依頼者の調査目的に沿ったキーワードを打ち込みます。
そのページを開くと、今まで聞いた事も見たこともない探偵会社のホームページが、1ページに10数社も表示され、その様な表示のページが10数ページも続きます。その中から「どこの会社が信頼できて安心できるのか?」などの判断が、初めての方に出来るわけなどありません。

ですから、探偵・調査業協会唯一の「一般社団法人 日本調査業協会」で長年理事や会長職を勤め、消費者保護の為に活動してきた当社だからこそ作成する事が出来る「探偵社チェック」を、探偵社選びの参考にして戴くのが、もっとも安心できる一つの方法です。

また、インターネット上のホームページで判断する以外の方法では、最寄りの消費者センターに安心して依頼できる「探偵会社」を問い合わせすると、「一般社団法人 日本調査業協会」の会員である「福岡県探偵調査業協会」への問い合わせを勧められたりもします。

さらに、浮気調査などで調査依頼を考えておられる場合は、まず現状の段階で弁護士に一度相談に行き、その場で弁護士に探偵会社を紹介して貰うのが良いかと思います。
相談する弁護士がいなければ、国が設立した公的な機関で、ご相談者の悩みを整理し、適切な相談窓口を案内する「法テラス福岡法律事務所 」や、市町村の無料法律相談を利用されると良いでしょう。

探偵社選びの参考に「探偵社チェック」はこちら

「全国ネットの会社ですか?」「調査員の人数は?」

ご相談者からよくこの言葉を耳にしますが、探偵・調査業に対して真摯に取り組み、真面目に探偵・調査業を営んでいる探偵会社ほど、少数精鋭で会社の規模も小さいものです。何故なら、法外な費用を請求しないで、適正料金で探偵・調査業務を遂行しているからです。

また、見た目が大きな会社は、広告宣伝費にお金を掛け、見栄えを良くする為に、立派なオフイスを構えたりしなければならないので、自ずと調査費用が高くなります。また、「全国ネット」の会社は、東京に本社があり、福岡には営業の窓口だけで、調査は下請けの会社に安価で委託したりする探偵会社もあります。そして、調査員の人数を気にされる方もいますが、調査員の人数を誇示する探偵会社ほど信用がおけません。
何故なら調査員の人数を誇示する探偵会社ほど、必要のない「調査車輛や調査員を増やさないと駄目です」と、ご相談者の不安をあおり、法外な調査費用を請求したりします。

調査能力のある探偵会社であれば、困難な調査現場でも調査員は2~3名で充分であり、適正料金で探偵・調査業務を営んでいる会社ほど、多くの調査員を抱えたりしていないものです。

調査対象は「人」です。どんな行動するのか全く分らない中で、ご希望される調査結果を確約できるものではありません。むしろ調査の難しさや失敗もある事を、きちんと話してくれる会社の方が安心できますし、誠意を持って対応してくれます。

※ 上記の点を参考にして、少なくとも3社位の探偵調査会社へ訪問し、見積もりをして貰い、良く話しを聞くことが大切です。

「信頼できる探偵社とは」

どのように相談すれば良いのか分らないご相談者へ

家族や、友人・知人にも相談できないお悩みを、探偵会社にご相談なさるのは躊躇する事とお察しします。しかし、一人で悩んでいても何も解決しません。悪くすれば心身ともに限界がきて、心療内科や薬の世話になる事もあります。

さらに、日々悩んでいるあなたの姿を見つづける家族にも影響します。
暗い顔をしたお母さんの姿を見ている子供達への悪影響や、仕事から帰宅したご主人があなたの姿を見て、単なる遊びの浮気が本気の浮気となり、徐々に明るさが消えた家から足が遠のき、一番大切な家庭が徐々に崩壊して行きます。

しかし、家から明るさや笑いが消えた原因を作ったのは「夫の浮気」です。あなたの責任ではありません。
ですから、悩む前に、その原因を早急に取り除かなければなりません。

お客様の情報やプライバシーは社内でも厳重に管理し、弁護士同様に秘密厳守で対応していますので、匿名でも構いませんので、まずはお気軽ご相談下さい。

ご相談窓口について

ご相談窓口は、お電話もしくはメールにてご相談して戴ければ、相談員がご相談内容を親身になってお伺いし、ご質問があれば順序立ててお答えしますので、お気軽にご相談ください。
調査費用に関しても、お電話やメールでの相談時に、簡単な見積もりをいたします。
調査依頼の契約は、法律「探偵業法」に準じた契約書にて、ご契約いたします。