浮気相手に、二度と会わない旨の念書を書かせたのに・・・

ご相談内容&依頼に至るまでの経緯

【ご相談者】夫(41歳 北九州市在住)/福岡市中央区にある探偵事務所に来社

【対 象 者】妻(38歳 パート)

二年前から妻が自宅近くのスーパーで働き始めたところ、妻が夜に出掛けたり、私が休みの日に子供を私に預けて出掛けたりするようになりました。
因みに、私の仕事は三交替制の仕事で、夜に勤務になることもあります。
妻の言動に不審に思った私は、私が夜勤と偽って、夜に前触れなく帰宅したところ自宅に男性を連れ込んでいました。

男は、妻のパート先の上司でした。
浮気の現場を押さえたのですが、まだ子供が幼い事から妻と話し合い、男に二度と会わない旨の念書を妻と男に書かせて、妻とやり直すことにしました。

しかし、最近の妻の言動から、また浮気している事、そして以前と同じ男だと確信しました。

今回は、離婚を前提に男から慰謝料を取り、法的な制裁を加えたいと思い、浮気の確かな証拠を、お願いに来ました。

調査結果

依頼を受けて調査を開始した所、依頼者である夫の勤務スケジュールに合わせて、妻の行動、および以前の交際相手である男の行動を監視。

すると、依頼者の想像とおりに、以前の浮気相手とラブホテルを利用する妻が確認され、依頼者である夫に浮気の証拠画像と共に調査報告書を提出しました。

調査費用

妻の行動調査を2回実施・・・調査時間10時間
調査費用:160,000円(税別) 諸経費込みで追加料金なし

依頼者様から

「幼い子供がいるので離婚したくないと、一度はやり直したのですがねー・・・」
「分かっていた事とは言え、改めて調査報告書で浮気の現場を見て、笑顔で男と一緒にいる画像を見たら、もう限界です」
「そして、浮気も二度目で同じ浮気相手となるとねー」

子供は、どんなに幼くても親の背中をちゃんとみていて、不仲な両親の姿に心痛めているのです。そんな生活を続けて子供に良い影響は与えません。
母親や父親がいなくても、前を向いて子育てをしていけば、ちゃんと子供は育っていきます。

当社の長年の経験を基にアドバイスをすると共に、事案にあった弁護士をご紹介。
最後に、依頼者から「色んなアドバイスをして戴き、本当に有難うございました。」と、感謝の言葉を戴きました。