夏休みで帰省した事を機に、結婚に関する身元調査のご相談が多くなります。

夏休み・お盆で帰省した事を機に、息子さんや娘さんがご両親に結婚の意思を伝えたり、彼女・彼氏を紹介して交際している旨を告げるのを良く耳にします。

 

その多くが、只々 結婚したいと言うだけで、結婚相手の身元というか情報が殆どない事が多いようです。

 

そこで、結婚相手の事が何にも分からずに困惑したご両親・ご家族は、信頼が於ける探偵・興信所に結婚に関する身元調査を依頼してくることになります。

 

身元調査の問合せ例としては、

・息子が結婚を前提に同棲している女性の実家・家族について調べて欲しい

・3年前に弟が結婚したのですが、何故か一方的に縁を切られた状態になり・・

・離婚理由や借金の有無が気になるので・・・

・結婚相談所で紹介されたバツイチ女性の身元調査

・結婚を考えているが、お相手の親族に暴力団関係者がいないか・・・

・娘が、婚活で出会った男性と結婚を前提に交際しているが・・

・結婚を前提としてお付き合いしている息子の交際相手の家庭について

・娘が結婚したいと言うので、念のためお相手の家族について調べてほしい。

・その他、『結婚調査・身元調査の実例』をご紹介していますので、ご参照下さい。

 

最近の結婚に至る経緯として、結婚相手の人柄などを良く観察しないまま、一時の「恋愛感情」だけで結婚へと突き進む事が多く、のちに結婚を悔やむ事例が多くなってきています。

 

結婚に関する身元調査は、一昔前までは「結婚」に於いての婚前調査をする事は当然の調査であり、調査員が相手方の実家周辺で聞き込みをしても、ある意味 好意的に話してくれていたものです。

 

しかし、個人情報保護法が施行され、ありとあらゆるところで「個人情報」が持ち出されて、聞き込み調査が非常に困難な状況になっており、調査会社の力量が問われるのが身元調査なのかもしれません。

 

そこで、身元調査を依頼する上で、依頼者の方で下記の事前情報を用意されておかれると、調査も非常にやり易く、情報も入手しやすくなりますので、是非 ご参考にされてください。

 

【履歴書】

履歴書には、住所、氏名、生年月日、学歴、職歴、資格などを記入してもらう。

【生活状況書(身上書)】

生活状況書には、身長・体重・健康状態・趣味・生活信条・収入や、親との同居の可能性、将来の希望などを記入してもらいます。

【家族書】

祖父母の氏名、年齢、両親の氏名、年齢、勤務先、次に兄弟とその配偶者、別居の場合は住所も詳しく記載します。

その他同居家族がいる場合には、同じように書いておきます。

上記の【履歴書】【生活状況書(身上書)】【家族書】は、普通はお見合い時に交わすものですが、・・・続きは「結婚・身元調査相談事例」で