浮気の証拠採りについて・・・自宅やビジネスホテル編―①

日本興信所のネットワーク

浮気の証拠と言ってもいろいろあります。

 

一般的には、ラブホテルを利用した証拠が有無を言わせないものとなりますが、浮気している人が皆、ラブホテルを利用するとは限りません。

 

他の例をあげれば・・・、

・浮気相手の自宅での密会

・本人の自宅への招き入れ

・シティホテルやビジネスホテルの利用

・車両内での密会

などが、過去の調査事例での主な浮気現場となっています。

 

浮気相手の自宅や本人自宅での浮気の証拠採りは、自宅への出入りおよび室内の明かりの消灯有無などを撮影して証拠とします。

しかし、ラブホテルと異なり浮気現場が自宅となると、一度だけの出入りでは「相談に乗っていた」などの理由で言い訳をされたりしますので、少なくとも2~3回の出入りの撮影が必要となります。

また、入室した時間帯などが重要なポイントとなります。

自宅が戸建て住宅や5階建て位の普通のアパート・コーポ等と異なり、オートロック式マンションや高層マンションでの密会の場合は、マンション内の部屋への出入りを撮影する事は困難となります。

マンションがオートロック式で・・・続きは暮らしのQ&Aで

 

※参考サイト

浮気・行動調査

浮気相談事例集