離婚とお金の関係

離婚の時に大きな問題となるのは、「お金」の話です。

慰謝料と養育費は雑誌やテレビなどで有名ですが、財産分与等については意外と知られていません。

離婚時に支払われるお金

離婚時に支払われる物としては、大きく分けて慰謝料・財産分与・養育費の3つがあります。

慰謝料や財産分与のように一括して支払われる場合は「一時金」
養育費のように毎月支払われる場合は「定期金」と呼ばれたりしますが、実態は変わりません。

離婚時に支払われるお金の違い

慰謝料

位置づけ 精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償
有責側から請求 認められない
離婚後の請求 3年で時効

財産分与

位置づけ 夫婦の協力で得た財産の分配
有責側から請求 認められる
離婚後の請求 2年で時効

養育費

位置づけ 子供が成人するまでの諸費用
有責側から請求 認められる
離婚後の請求 時効なし

婚姻費用

位置づけ 夫婦が生活するうえで必要なお金のこと
有責側から請求 認められる

婚姻費用は、別居している時に問題となる。
例えば無収入の妻が勝手に家を出ていった場合でも、夫は請求に応じて婚姻費用を負担しなければなりません。