ラブホテルとは異なる浮気相手宅に出入する場合の調査

ご相談内容&依頼に至るまでの経緯

【ご相談者】妻(27歳 福岡在住)/福岡市中央区にある探偵事務所に、母親と一緒に来社

【対 象 者】夫(33歳 講師)

夫は、アメリカ人で英語の講師をしていますが、英会話の生徒と親しくなり、最近はその女性宅に寝泊りしている状態です。
別れ話しが出てきても、私は別れる気は全く無いのですが、その浮気相手が精神的におかしな人なので、念のため確かな証拠を持っておきたいと思い、ご相談に来ました。
 
夫は、優しい性格なのですが、悪く言えば優柔不断な性格で、マザコン的な要素もあり、自分で何かを決断する事が出来ない人です。
また、浮気相手の女性は、色んな人にアプローチしていたようで、自らの事を「自分は病気でいつ死んでもおかしくない病気」「別れたら死ぬ」などと言って、同情をかうと同時に私の夫のような性格の男性を、思うようにコントロールする事に長けている女性でした。
 
今回の事で、夫を責めたり法的に女性を訴えたりするのは簡単ですが、そうすると夫は優しく接する彼女を選び、彼女は私の行為を逆手にとって「冷たい・怖い奥さん」と言うイメージを彼に埋め込みます。
また、夫と優しく話し合い、夫が彼女と別れると決断した時の彼女は、「病気」や「死」などをチラつかせて、夫を自分に引き戻します。
 
そんな夫と女性の関係ですが、私は離婚する選択はないので、今後の保険として、調査をお願いします。

調査結果

ご主人が、勤務先の学校から退社し、女性の自宅があるマンションに入って行くのを確認し、その室内の明かりが消えるまで、監視。
翌日は、朝から出勤時を狙って同マンションから出てくるのを監視。
同じ調査を3回実施し、法的に有効な証拠画像を報告書として提出しました。

このように、ラブホテルとは異なり浮気相手宅に出入する場合、数回の出入の証拠が必要となります。さらにその証拠となる当社の報告書を、一度 弁護士に有効有無を確かめて置くのも必要です。
 
当社の経験上では3回程度の出入で充分に証拠となるのですが、ご相談者が相談される弁護士によっては、判断基準が異なる場合もあるので、弁護士にお伺いするのが良いかと思われます。

調査費用

退社後および出勤時の尾行調査を6回実施・・・・・・調査時間30時間
セット料金:590,000円(税別) 諸経費込みで追加料金なし
通常の料金より7万円割引

依頼者様から

報告書を見たご相談者は、分っていた事とは言え、画像として夫が女性宅に入る姿を見て、ショックを受けておられました。しかし、離婚しない気持ちに変わりはない中、ただ不安を抱えながら夫を待つだけではなく、万が一の保険として、法的に有効な証拠を手にしている事で、少し気持ちが楽になります。「貴社に依頼して良かったです。有難うございました」と、感謝の言葉を戴きました。