別居中の妻から突然、離婚の申し出/「プチ別居」からの深刻な別居や離婚に至る事例

ご相談内容&依頼に至るまでの経緯

【ご相談者】夫(36歳 福岡在住)/福岡市中央区にある探偵事務所に来社

【対 象 者】妻(33歳 会社員)

先日、NHKテレビ【あさイチ】で「プチ別居 特集」が放送され「夫婦関係が今より良くなるならプチ別居を試してみたい」「これをきっかけに、子育ての大変さをわかってほしい」「これをきっかけに夫にも気軽に家事や育児を頼めるようになりたい」などのプラス要素の内容が多くありましたが、ここでは安易な「プチ別居」や「別居」の裏には、本気の浮気による離婚準備がなされている事が多々ある事、その中の一つの事例をお伝えします。
 
妻から子育て(1歳)や家事に関することで精神的に疲れたので「しばらく別居したい」との申し出がありました。確かに最近、夫婦の会話が無くなり、家庭内からも明るさが消えつつあった事などから、一時的に別居して妻がリフレッシュできるのであればと、消極的ではありますが「別居」を受け入れました。
しかし、「別居」から半年後に突然「性格の不一致」などを理由に「離婚したい」と言われました。
 
妻の言動に不信感を抱いていた私は、弁護士に相談し、探偵社:日本興信所を紹介して貰い、調査を依頼しに来ました。

調査結果

妻の仕事終わりの行動や、別居先のアパートから調査を開始。
調査を実施して行くと、妻は仕事終えるとまっすぐにアパートに帰宅するのですが、しばらくすると妻がアパートから出かけて、スーパーに立ち寄り食材を購入すると、別居先と異なるマンションに入って行きました。
妻が同マンションに入室して、3時間後に同マンションから男性と一緒に出て来るのを確認。男性は、マンションエントランス付近で、妻を見送るとマンション内へ戻り、妻はアパートへと帰っていきました。

当社は、妻が男性のアパートに出入している事を、依頼者に報告すると共に、不倫・浮気を立証する為に継続して調査を実施。
妻が男性のマンションに出入する証拠を3回採ると共に、同男性の身元を調査。
男性が妻の勤務先同僚であることを確認して、最終的な報告書を提出しました。

依頼者様からは「本当にありがとうございました」「つい、良かれと思い『別居』をしたのが良くなかったですね・・・・」と、今の心境を語られました。

調査費用

妻の別居先で素行調査を5回実施・・・・・・調査時間25時間
セット料金:480,000円(税別) 諸経費込みで追加料金なし