依頼した探偵会社と連絡がとれない

トラブル例

【ご相談者】妻(41歳)

調査が終わった後に、調査結果が知りたくて電話をしたが「担当者が席を外しているから改めて電話して下さい」と言われた。その後、何度も電話するが誰も出なくなった。
そして、1ケ月過ぎても報告書が送られてくることもなければ、電話もない状態です。その探偵会社は、大丈夫なのでしょうか?

アドバイス

ご相談者は、ネットで夫の勤務先近くの探偵社を捜して、夫の浮気調査を依頼。一週間の調査費用:10万円で契約し、全額前払いをしているとの事でした。

まず、プロの探偵会社であれば、一週間の調査費用:10万円はありえない事。信頼できる探偵社の一般的な調査費用は、1日5時間の調査で8万円~11万円位が相場である事。
探偵会社としての維持費「会社維持費・広告宣伝費・人件費・調査経費 等」から考えても7日で10万円は大赤字となります。

また、依頼者は探偵会社より契約時に「重要事項説明書・調査委任契約書・利用目的確認書等」の書面が交付されていない事から、探偵業法違反となる為、最寄りの県警:生活安全課への相談を勧めました。

(参照)
探偵業法に準じた契約の手順参照
探偵社チェック

■探偵業法第8条 契約時における探偵業者の義務

○ 重要事項の説明義務等 ― 重要事項説明書
探偵業者は、契約を締結しようとするときは、あらかじめ、依頼者に対し、契約の重要事項について書面を交付して説明しなければなりません。
探偵業者は、契約を締結したときは、依頼者に対し、契約の内容を明らかにする書面を交付しなければなりません。
○ 書面の交付を受ける義務 ― 利用目的確認書
探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、依頼者から、調査結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他違法な行為のために用いない旨を示す書面の交付を受けなければなりません。