25年前、両親の離婚で分かれた母を探して欲しい

ご相談内容&依頼に至るまでの経緯

【ご相談者】福岡市中央区にある探偵事務所に、息子さんが電話で依頼

25年前、両親の離婚で分かれた母を探して欲しいと、30歳になる男性より相談。当時5歳であった息子さんは、両親の離婚後、一度も母親と連絡を取っていなかったが、3ケ月後に控えた結婚を前にして、母に会いたいと思う気持ちが強くなり「母を探して欲しい」と依頼。
 
尚、両親の離婚後、父は再婚しており、母の事は一切話したがらないので、「父には内緒で」の調査依頼となった。

調査結果

今となっては母の生死すら不明という状態だが、依頼者が家族自身なので、生年月日や当時の本籍地などの情報には事欠かなかった。
 
調査は、母の当時の本籍地などの情報を基に、周辺を取材。
情報が25年前である事から、調査は難航したが、地道な聞き込み調査の結果、母は再婚し、鹿児島市内にある一戸建ての借家に居住しているとの情報を得て、同所を訪れることになった。確かに、その借家は現在も建っていたものの、そこに住んでいたのは母ではなく、若い子連れ夫婦。自分たちは2ケ月前に引っ越してきたばかりで、前に住んでいた住人のことは、何も知らないという返事だった。ここで諦める訳にもいかないので、借家の大家さんや周辺住民に聞き込みを行ったところ、母の新たな転居先が判明。
 
現在は、福岡市内の郊外にある農家で暮らしている事確認された。
同母親に接触し、25年前に別れた息子さんが会いたがっている事を伝えると、思いもかけない事に驚く共に、涙を流して喜んでおられました。
 
しかし、現在の夫が暴力的な人で、会うことに躊躇されている事を依頼者である息子さんに伝えると、どうしても母親に会いたいので、母を説得して欲しいとの事。
 
再び、息子さんの思いを伝え、夫に分らない様に再会の日時・場所をセッテイングして、依頼者と母は、長い時を経て再び顔を合わせることができた。
 
母は、息子さんの結婚式には出席しませんでしたが、立派に成長した息子さんの姿に涙を流すと共に、お嫁さんとも会う事ができて、長年の息子さんを置いてきた自責の念から開放されたようでした。

調査期間

2ケ月以内

調査費用

調査費用:500,000円(税別) 成功報酬:なし