先日、「徒歩尾行は辛い」という記事をあげたばかりなのに……今回も徒歩尾行

先日、「徒歩尾行は辛い」という記事をあげたばかりなのに……今回も徒歩尾行。

 

対象者は、タクシーを利用する事が多いとの事でした。

依頼者に、下見の段階で調査員1人は厳しいですよ。と、伝えても

予算の関係で「今回は1人でお願いします」との事。

 

調査プロとしてのプライドで、1人だから尾行できませんでしたとは、言えません。

対象者のあらゆる行動を想定して現場に入ります。

対象者がタクシーに乗りそうなら、先にタクシーを止めて、対象者がタクシーに乗るのを待ちます。

 

それが想定通り行かなければ、対象者がタクシーに乗るのを見るやいやなや、後続のタクシーを止めて尾行します。が、この場合、サスペンスドラマなように、都合よくタクシーなんて来ませんので『運』任せとなります。

調査員が2人なら調査車両で、追尾出来るのですが………

 

そんな事を頭に入れて、夕方四時から調査スタート。

もちろん付近で、立って張り込みです。

二時間くらい張り込んでいると、対象者が動きだしました。

 

「さあ!」と、気合いを入れて尾行すると、今日は『運』が良い!

バスに乗ってくれました。 良い意味で想定外のバス移動です。

 

バスから地下鉄で移動後、友達と合流して、目的の店へ。

店の出入りが見える場所で、周囲に溶け込むようにしながら立っての張り込みです。

なかなか出てきません。

約三時間後、やっと出て来たかと思うと、今度は繁華街まで歩いてスナックへ。

そこで、再び立ち張り。

 

花の金曜日の繁華街ですから周囲には、酔っ払いや呼び込みの人など、いろんな人がいる中での張り込みは、目立ちますが周囲の視線との戦いです。

 

約二時間後、やっと出て来ました。

時間も時間だから帰るかと思いきや、もう一軒のスナックへ。

 

「もう24時を過ぎてますよー」

 

因みに、これは夫の尾行ではありません。

主婦の尾行なのです。

 

もう徒歩尾行は、しばらく勘弁して下さい。

 

調査終了は、深夜二時。

約10時間の徒歩尾行でした。

 

浮気・行動調査は日本興信所へ