メールやハガキの架空請求への対応について 

西日本新聞 平成29年10月30日朝刊より

 

事例1

スマートホンに『有料コンテンツの登録料が未納です。本日中に連絡なき場合は法的手続きに移行します』というショートメールが届いた。

 

事例2

『総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』と言うハガキが届いた。

『利用していた契約会社、ないしは運営会社側から契約不履行による民事訴訟として訴状が提出された』『連絡なき場合、給与、動産、不動産の差し押さえを強制的に履行』と書いてある。

 

利用した覚えのない請求が届く、いわゆる架空請求の相談が急増しています。

 

詳細は・・・

 

暮らしのトラブルQ&A