夏休み明けは、中・高校生の家出が増加します

家庭内のトラブルや友人関係、学校でのイジメやトラブル等が原因での

家出が増える時期です。

 

若年層の家では、早期調査・早期発見が基本です。

事件やトラブルに巻き込まれたり、家出の原因次第では、最悪 自殺へと向かう事も

ありますので、まずはご相談を。

 

若年層の家出の例:夏休みに入って、娘(高校生:16歳)が、家出したので探して欲しい

ご相談内容&依頼に至るまでの経緯

 

夏休みに入って、娘(高校生:16歳)が家出したので探して欲しい。と、心配顔で両親が

相談に訪れた。

娘の友達に聞いても「知らない!」の一点張りで、娘の携帯に電話をしても電源を切っていたり出なかったり、また 娘からも全く連絡もないので、何か事件に巻き込まれたりしていないか、不安で不安で夜も眠れないので、一日も早く見つけて欲しいと、所在調査を依頼されました。

 

詳細は